2010年度

訪春の雁木

-ほうしゅんのがんぎ-

R0010893.JPG 雪解けの水が雁木の屋根から流れる様子をモチーフにした雁木です。水の流れる位置を基準として縦のラインを強調したデザインや、欄間のガラスに施したグラデーションで、雪解けと共に訪れる春を表現しています。

 小屋裏には垂木を樹の枝に見立ててて早春に花の咲く満作の枝花をデザインし、既存の垂木から再利用した木材をポイントに使っています。瓦から滴る水が雁木に表情を与え、通る人が雁木の役割と春の訪れを感じられる場所になっています。

R0010673.JPG

DSC_1504.JPGDSC_1599.JPGIMG_6357.JPGIMG_0118.JPGDSC_2063.JPG

ページトップへ

Menu

活動の概要

雁木プロジェクトは、栃尾表町、新潟大学、長岡市の協働によるまちづくり活動です。1997年から活動が始まり、毎年ひとつづつ雁木を建設しています。

LinkIcon詳細はこちら

活動の歩み

雁木プロジェクトの特徴について。

LinkIcon詳細はこちら

活動の流れ

雁木プロジェクトの1年間の流れ。

LinkIcon詳細はこちら

活動の受賞歴

詳細はこちら

これまでの活動

2013年度

2012年度

2011年度

2010年度

2009年度

2008年度

2007年度

2006年度

2005年度

2004年度

2003年度

2002年度

2002年度

2001年度

2000年度

1999年度

1998年度